読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロッセオ

Twitterのタイムラインを見ると、先輩が「誰かHUB行かないか」と呟いていた。いつもの僕なら電光石火で馳せ参じるところだがあいにく講義、涙を飲んで5限へ出席する。

講義時間も残りわずかになり暇を持て余してタイムラインをシュパシュパ更新していると、HUB名物タワーカクテルの写真が目に入る。「強そう」「酔ォた」など知能の低いツイート群を目の当たりにし行かなくて良かったと安堵するもつかの間、いきなりLINEが飛んで来た。

「部室いる?飲み終わったから部室行きたい」

ダメすぎる。とりあえず講義中なので待ってくださいと言い残し、講義が終わると同時にそそくさと教室を後にする。「開けましたよ」と連絡して10分ほど待つと、ES提出3枚の先輩と6年生の先輩が連れ立って入って来た。まさかこの面々で飲んでいたとはそのダメさは想像を上回っている。僕が呆れている間に、なぜか先輩は巨大なカステラを鷲掴みにしていた。

「何これ何これ」

「……カステラですね」

四畳半神話大系じゃん(爆笑)」

いうが早いが先輩はカステラをちぎって口に放り込む。6年生の方の先輩もカステラを頬張り始めたので、くそう僕だって好機を掴みてぇ、僕のコロッセオはここだとわけのわからないことをわめきながらカステラを次々と口の中に詰め込んだ。

好機どころかまごうことなき敗残者たちの光景である。